グルコサミンと関節痛の関係は?

関節痛にはグルコサミンが良いと言われていますが、実際のところグルコサミンと関節痛にはどのような関係があるのでしょうか。

そもそも関節痛が起きてしまうのは、どういった事が原因なのか、ご存知ですか?
このでは関節痛の起こる原因について説明していきたいと思います。

もしかしてそのひざの痛みは疾患や病気?

年齢が増すにつれて関節の痛みは増加していきますが、その症状には「変形性関節症」という名前がついているかもしれません。
実は「変形性関節症」は日本の関節痛のほとんどの原因となっていて、高齢化に伴い患者数は急増の一途を辿っています。

関節痛の原因というのは大きく分けていくつかあります。

一つが、関節を使うことによって軟骨がすり減り、骨と骨が擦れることによって起こる関節痛
もう一つは関節が滑らかに動くための滑液が、関節の損傷によって炎症を起こすことで起こる関節痛です。

関節を支えている軟骨がすり減ってしまうことによって、骨と骨が直接擦れて、炎症を起こしたり、痛みを生じたりするのです。
想像しただけでも痛いですよね。
これを治療するために注射をするのも、また痛い思いが重なって辛いです。

一方、グルコサミンは関節のクッションである軟骨成分をつくる役割を持っています。
そのため、グルコサミンが不足してくると軟骨の消耗が更に激しくなります。

人は生活の中で関節を使っていますから、年々軟骨をすり減らしていますが、グルコサミンも年齢と共に減っていくと言われています。
若いうちであれば、グルコサミンはすぐに体内で作られるので、数日で治っていきますね。

年齢を重ねていくうちに、体内で作られるグルコサミンが減っていってしまうので、関節痛が中々治りませんし、毎日関節を使っている人は、どんどん酷くなってしまいます。

関節を支える軟骨と、軟骨を作る成分、 そのどちらもが減っていってしまうために、年をとると関節痛が酷くなるのですね。

グルコサミンと関節痛の関係が段々とわかって来たでしょうか?

過度な運動を避ければ良いと考える方もいらっしゃいますが、毎日の家事や移動のたびに関節が痛くなってしまうのは、思っている以上に辛い事です。
激しい運動をすることで関節が鍛えられて治るのではないかという方もいます。
しかし、実際は関節や軟骨は鍛えられるものではなく、消耗されてしまうだけなのであまり意味はありません。早いうちから対策を考えておきたいところです。

変形性関節症(関節痛)になりやすい人はこんな特徴が!

変形性関節症になる人というのは膝に負担をかかっている人なので似たような特徴を持っている可能性が高いです。 それについて説明していきます。

思い当る節はありませんか?
特に中高年の女性の方が膝の痛みを訴えるのにはこのような理由があったのです。

普段の生活の中でなるべく関節に負担をかけないように生活をしていくのがベストですが、実際にはどうしても家事や仕事で動かなければなりませんよね。
そのような方にこそ、サプリメントで効果的にグルコサミンを摂取することをオススメします。