グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミンとコンドロイチンの違い 関節痛のサプリメントで有名な成分、グルコサミンとコンドロイチン。
どちらもよく聞く名前ですし、サプリメントには一緒に配合されていることが多いですが、その違いについてはなんとなく曖昧な認識しかない方も多いようです。
グルコサミンとコンドロイチンについてはそれぞれ当サイトでも解説していますが、ここでは改めてグルコサミンとコンドロイチンの違いについて確認してみましょう。


グルコサミンについてのおさらい

グルコサミンは軟骨をつくる成分のことです。
軟骨は関節と関節の滑らかな動きを支えています。軟骨があるおかげで私たちは普段関節を使った動きができているので、軟骨が無くなっていくと関節痛などの症状が起きてきます。

一方で、グルコサミンは年齢を重ねるに連れて少なくなってきます。
年を取って関節の悩みが増えてくるのはグルコサミンの減少が原因とも言われています。
しかし、食品によってグルコサミンを摂取するのは難しいのが現状です。
確かにネバネバとした食品や甲殻類にグルコサミンは含まれているのですが、いくらたくさん栄養が含まれてると言ってもカニやエビの殻を食べる人は少ないですよね。そこでサプリメントによってグルコサミンを摂取することを当サイトでは勧めているというわけです。

副作用というほどではないですが、甲殻類からつくられているサプリメントが多いのでカニやエビにアレルギーがある人は注意が必要です。



コンドロイチンについてのおさらい

コンドロイチンはグルコサミンとの相乗効果を期待することのできる成分です。
グルコサミンが軟骨をつくる成分だったのに対して、コンドロイチンは軟骨を構成している成分の一つです。

工場 例えば人間の身体に軟骨工場があるとすると、軟骨の材料や部品を作る工場と、材料や部品から軟骨を作る工場の二種類があります。
コンドロイチンは軟骨の材料や部品で、グルコサミンはコンドロイチン工場の従業員や生産ラインのことです。

なのでグルコサミンもコンドロイチンも軟骨をつくるために必要不可欠なのです。
また、他に違う点といえばコンドロイチンのほうが高価だという点があります。これはグルコサミンに比べて製造するのが難しい(供給が少ない)のが原因となっています。コンドロイチンは主に魚類の軟骨から得られるとされています。



グルコサミンとコンドロイチンの違いまとめ

上で述べたことをまとめると、グルコサミンの特徴は・・・

一方でコンドロイチンの特徴は・・・・

という風に分けることができます。

どちらにも共通しているのは

ということです。

以上、グルコサミンとコンドロイチンの違いについてまとめてみましたが、それぞれについてさらに詳しく知りたい方は次のページを参考にしてみてください。

グルコサミン解説ページ→グルコサミンとは

コンドロイチン解説ページ→コンドロイチンとは