グルコサミンと相性がいい、一緒に取るといいサプリメントは?

関節痛に効果があると言われるグルコサミンのサプリメントを摂取する際に、一緒に摂ると良いサプリメントがいくつかあります。

 

コンドロイチンとの相乗効果

快適な運動効果グルコサミンとコンドロイチンは、どちらも関節痛に効果的だと言われている栄養素です。
関節部分の痛みや、関節部分の軟骨に影響を与える事が出来、間接部分の強化をしてくれる栄養素なのです。
このグルコサミンとコンドロイチンを同時に摂る事で、相乗効果を得る事が出来ると言われていますのです。

グルコサミンとコンドロイチンの2つの栄養素はは、お互いの能力を助け合う事が出来る栄養素です。
栄養素にはそれぞれ相性が有り、相乗効果を得る物も有れば相殺してしまう物も有ります。
しかし、グルコサミンとコンドロイチンの相性は良く、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂る事で、更に高い効果を得る事が出来ると言われています。

同じ様な効果を得る事の出来るグルコサミンとコンドロイチンなので、片方だけでも良いと思う方もいるでしょう。
しかし、若干効果は違ってくるのです。

グルコサミンは、軟骨の再生に効果が有ります。
コンドロイチンは、グルコサミンにより再生された軟骨の機能を強化する効果が有るのです。
二つの栄養素を同時に摂る事で、より関節部分の強化に繋がり健康に良いと言われています。
この二つの相乗効果はとても素晴らしい物で、ここ最近ではコンドロイチンとグルコサミンの両方が含まれたサプリメントも販売されています。

年齢と共にどうしても弱まってしまうのが関節部分です。
階段の上り下りも辛くなり、歩くと間接部分に響く方も多いでしょう。
そういった方はグルコサミンとコンドロイチンを摂って見てはどうでしょうか。

しかし、グルコサミンよりもコンドロイチンの方が希少なため、コンドロイチンを含んだサプリメントは少し高額になります。
「痛み」を伴うような症状の出ている場合は「コンドロイチン入りのサプリメント」、関節をスムーズに動かしたいという場合は「グルコサミンのみ」というように目的に合わせて購入されるといいでしょう。

コンドロイチンについてはこちらでさらに詳しく解説しています
コンドロイチンとは

コラーゲンとの相乗効果

また、コラーゲンもグルコサミンと一緒に取ると相乗効果を発揮します。

グルコサミンは、間接部分の中で潤滑材の働きをします。
潤滑剤になる事で、関節部分がスムーズに動き、骨の強化にも繋がります。
コラーゲンは、その関節部分の軟骨を形成し、関節部分を補う効果が有ると言われていますのです。

このお蔭で、グルコサミンとコラーゲンを同時に摂るとより関節部分の強化に繋がると言われているのです。

コラーゲンは美容に良いと言われている成分ですが、実は健康にもとても良い成分なのです。
コラーゲンを摂る事で、体全体の骨の強化に繋がりどんどんと丈夫で健康な骨を作る事が出来ます。
コラーゲンが不足している状態では、骨は弱まっていくのです。

グルコサミンとコラーゲンを同時に摂ると、体内の骨が、より強く丈夫になるでしょう。
コラーゲンのクッション効果で、関節部分の痛みを和らげる事も出来ます。

コラーゲンが他のグルコサミンサプリメントよりも多く含まれているとしては、小林製薬のグルコサミンがおすすめです。

ヒアルロン酸との相乗効果

ヒアルロン酸の成分もグルコサミンと相性がいい成分です。
働きはコラーゲンと同じような働きで、軟骨の表面を滑らかにする働きが有ります。
しかし、コラーゲンよりもヒアルロン酸は一般的に吸収率が悪いので、関節部分への効果を求めるのならコラーゲンを摂取する方が効果的だと言われています。